総量規制対象外のローンは貸金業以外

個人の方が生活に困って複数の貸金業者から借入を行い、
多重債務に陥ってしまうケースが多くなったので、
個人の方を保護する観点から総量規制が施行されました。

総量規制により、年収の3分の1までの借入に制限される

総量規制では借入総額が原則年収の3分の1を超えてはいけないと規制されています。
消費者金融のローンやクレジットカードのキャッシングなど貸金業者が対象です。
消費者金融のローンにお申込みしても借入状況や年収状況によっては
ご利用出来ない可能性があります。

今契約している消費者金融のローンでも年収の3分の1近くまで借入していると、
ご利用出来ない可能性があります。
総量規制は貸金業者が対象なので貸金業者でなければ対象外です。

銀行のカードローンは総量規制の対象外

主な総量規制対象外の借入先は銀行のカードローンです。
銀行は貸金業ではなく銀行業のもとに融資を行っているので規制にはかかりません。
借入状況や年収状況にかかわらずにご利用限度額いっぱいまで借入することができます。
銀行のカードローンは比較的金利も低いですし、ご利用限度額も高く設定されています。
しかし新規で銀行のカードローンに申し込む際に、
年収の3分の1近くまで借りていると審査に受かり難いのが現状です。
年収の3分の1を超えてしまったら、もう2度と借りられないといった事は無く、
返済が進めば進むほど借りれる余力が増します。
利息の負担は返済が長引くほど大きくなるので、
出費を抑えることも考えてお早めに返済しておくと良いです。
急にお金が足りなくなったときに、規制にかかって借りられずに困ることを予防できます。